どうして女性なのに体毛が濃くなってしまうのか?~顔面の産毛の処理には抑毛ローション「ノイス」がおすすめ~

体毛が濃いことで悩んでいる女性というのは
やはり、「女性なのに・・・」という気持ちを持っていることと思います。

<女性にも関わらず体毛が濃い>と感じるということは
本来女性は、体毛が薄いものであるという先入観があるはずです。

そもそもなぜ男性に比べて、女性は体毛が薄いのか
ということに関しては、「性ホルモン」が関わっているものであり

体毛に関わらず、肌を綺麗に保つといったことに関しても
非常に重要な鍵を握る要素となっています。

女性の中にも男性ホルモンは存在する




本来は、男性に比べて体毛が薄いはずの女性に
多くの体毛が生え、濃くなってしまう理由としては
女性の体の中にも存在する、「男性ホルモン」が影響を与えています。

体毛というのは、皮膚を守るための要素として
基本的には、体の至るところに生えているものです。

それは男女関係のないものであり、特に「頭部」や「デリケートゾーン」は
非常に大切な器官として、共通して濃いものです。

これらは、体の成長に合わせて発達し
また常に生え続けるものであり、特に頭髪に関しては
女性ホルモンの要素が強いもであると言えます。

一方で、その他の器官に生える体毛というのは
そのほとんどが、男性ホルモンによるものであり
男性ホルモンが強い(優位)であることで、濃くなります。

生まれつき、男性ホルモンがやや濃い体質の女性というのは
幼い頃から「腕毛」といったものに悩まされていることも多いはずです。

女性ホルモンのバランスの乱れが起きている場合も

そして、「男性ホルモンが強い」ということに加え
<女性ホルモンが弱まる>ことでも、体毛が濃くなるリスクが発生します。

30代半ばから始まる、急激な女性ホルモンによって
若い頃に比べて、女性の髭が濃くなる現象というのは
非常に顕著な例として、知られているものになります。

それ以外にも、「ストレス」等によって性ホルモンが乱れた際にも
一時的に、男性ホルモンが優位となってしまうことも多いのです。

更に年をとることで、そもそも体毛が生えない状態になりますが
それは「生やす機能」の衰えによるものです。

そのため、<いずれは気にする必要がなくなるもの>と言えますが
やはり一番おしゃれを楽しめる時期に、余計なものは除去したいはずです。

みんなはどうやって処理してる?

一般的な女性は、日々の無駄毛の処理をどうしているのかと、気になる人は多いはずです。

ごく親しい友人や家族であれば話し合えますが、なかなか聞きづらいものです。

実際には、「専用カミソリ」で剃る女性がほとんどです。

肌に優しく、綺麗に剃れるものもたくさん販売されています。

しかし、カミソリでの処理の一番のデメリットは
剃れば剃るほど、<断面が粗くなり>濃くなって見える
またすぐに生えてきて生え始めは、「じょりじょり」してしまうことです。

本気だったらやはり「脱毛」

また夏などは「毎日剃る」や「週2回」などと、頻度が多くなり
いくら肌に優しいカミソリでも、着実にダメージを受けてしまいます。

以上のことから、思い切って「脱毛」をしてしまう人は珍しくありません。

最近は価格も下がってきており、脱毛に抵抗がなくなっている人も多いようです。

脱毛は、「全身脱毛」と「部分脱毛」がありますが
夏の前には、「すね毛だけでも」と考える人で盛況のようです。

部分脱毛におすすめの「ミュゼプラチナム」の詳しい解説はこちら

専門クリニックで行うため、お金がかかる印象があった脱毛ですが
キャンペーンなどで一部であればお試し価格で処理してくれるサロンもあります。

そういったものを利用して、一度試してみるのもおすすめです。

また、自宅で気軽にできる脱毛処理機も発売されています。

こまめに処理したい人は、こちらがおすすめの場合もあります。


「脱毛以外」の選択肢も

また、脱毛でもなく、カミソリで剃るわけでもなく
生えている毛を溶かす、「除毛」処理をしている女性もいます。

「毛を溶かす」と聞くと、少し怖いイメージもありますが
使い方を間違えなければ、現在の「除毛剤」は比較的安全に処理することができます。

ただし肌が弱い人は赤くなったり、ひりひりしてしまったりすることもあります。

特に「脱毛」は、最も「本格的」なケアに思えますが
「歯」のケアで言えば「ホワイトニング」に近いものであり
「やっている人はやっている」というものになります。

当然「お金」と「時間」がかかることになりますが、最も「丁寧」であると言えます。

最も特徴的なこととして「やってもらう」ということが挙げられ
自分では出来ない専門的な・丁寧なケア」であると言えます。

「永久脱毛」でない限りは、また生えてくることになりますが
徐々に毛が「弱く」なっていくため、処理も楽になっていきます。

最初は頻繁に通うことになりますが、綺麗になった後は「メンテナンス」程度の感覚になるため
始めるのであれば、早い方がお得であると考えられます。

「利用者の多いサロン」を選ぶべき

また始めるのであれば、やはり利用者の多いサロンが信頼できます。

一時は「勧誘がしつこい」といった面がデメリットとしてありましたが
現在ではかなり改善されてきており、「明朗会計」で提示されることが一般的です。

ただし、結果が出るまでの時間・払うお金には
「個人差がある」という前提で、考えておきましょう。

また、脱毛を始める際には「痛い」という
デメリットがあることも、忘れてはいけません。

技術の進歩によって緩和されてきていますが、「全く痛くない」ということはありません。

最近では「医療脱毛」という選択肢もあり、より高い技術・専門家による施術であり
簡単に説明すると、「レーザー」の質が違います。

より強力なものを、より安全に使用しています。

一般的な脱毛サロンよりも、少し価格は上がりますが
結果が現れるまでの時間が早いことも特徴であり
医療関係者が常駐しているため、より「安心して」受けることができます。

おすすめの医療脱毛「アリシアクリニック」の詳しい解説はこちら

専用クリームを利用した「抑毛」もおすすめ!

最近では、新たなムダ毛処理方法として「抑毛」という手段も注目されています。

<徐々に弱らせていく>という点は、脱毛と同じですが
やはり「手軽」であることと、金銭的な負担が小さいことが特徴です。

また「気になる部分」だけ、思い立ったときに
ケアすることが出来ることも、メリットの1つになります。

顔面の産毛処理におすすめの「ノイス(NOISU)」

ひと昔に比べて、脱毛という施術が非常に一般化してきたことによって
体毛に関する注目度、それに伴う新アイテムが非常に増えてきました。

「剃るしかなかった」「脱毛は高い」という時代が長く
自力でのケアといえば、剃刀・除毛クリームによるものがほとんどであり
それぞれに一長一短のある、「本当になんとかしたい」地味な悩みでもありました。

しかしながら昨今では、様々な成分・角度から
体毛にアプローチするアイテムが増えています。

そしてその中の1つとして、「ノイス(NOISU)」はぜひチェックして欲しいと思います。

とにかく売れている、今イチオシのアイテムです。



特に「顔面の産毛が気になる」という方に、おすすめのアイテムと言えます。

「大豆イソフラボン」を中心として、「女性ホルモン成分」を肌に浸透されることによって
「男性ホルモン」の影響を抑えることで、抑毛につなげる仕組みであり
もちろんそれだけでなく、様々な角度から「薄くする」「生えてこない」状態に近づけます。

また美容成分・効果が含まれており、一般的な除毛クリームに比べて
短期間での効果は劣るものの、美容成分を含んでいること
化粧水として利用できることも、非常に効率的なアイテムと言えます。

無駄毛処理に伴うデメリットがない、化粧水・クリームのメリットは
なんと言っても、「肌を傷つけない」ことです。

  • 剃刀による剃毛
  • 除毛クリーム
  • 脱毛

いずれも、肌へのダメージは「ないものではない」と言えます。

それぞれに、

  • 剃刀負け
  • 肌に合わない際の炎症
  • 痛み・炎症

といった、基本的な「デメリット」が存在しますが
夢のアイテムと言ってもいいアイテムと言えます。

ボディの脱毛は専門サロンで行って、顔のムダ毛処理は「ノイス」を使うのもおすすめです。

ただし毛が薄くなるまでに時間がかかるため、できるだけ早く始めることが必要です。

>>「ノイス(NOISU)」の詳細・販売サイトはこちら


関連記事


花嫁におすすめの脱毛サロンランキング


時間がないから

アリシアクリニック

部分脱毛でいいなら

100円